新しいエフェクターを買いました

数種類のエフェクターがこれ一つにまとまったマルチエフェクター。ハーモニカでも威力発揮しそうです。iPhoneお持ちであれば何と新しいエフェクターをアプリで購入し、Bluetooth経由でこのマシンにいれる事ができる優れもの。

数種類のエフェクターがこれ一つにまとまったマルチエフェクター。ハーモニカでも威力発揮しそうです。iPhoneお持ちであれば何と新しいエフェクターをアプリで購入し、Bluetooth経由でこのマシンにいれる事ができる優れもの。

取扱説明書はこちらからダウンロード

20121218-160343.jpg

普段エフェクターは使いますが、スタジオに備え付けのものを使うので、
意外に、僕、エフェクター持ってないのです。
元々ファイアーボール(マイク)を使っている理由は、エフェクターを使いやすいという点なのに。

持っているのはデジタルリバーブ一つだけ。
さて、これからオーバードライブ買って、ディストーション買って、ディレイ買って、オクターバーかって、コーラス買って、と揃えようとすると大変ですよね!

それで購入したのはこれ。
こんなのが
たくさん内蔵されていて同時に6個まで、手元の操作で付け足すことが出来て、気に入った設定は50個位までパッチに保存したりできるらしい。
さらに詳しい説明はメーカーのサイトへ
足元でオンオフ出来るから使いやすそうですね。

オンボタンを1秒長押ししたらクロマチックチューナーや、タップテンポ(1.2.3.4とリズムを踏んでいくと、そのテンポを調べてくれる機能)がついていたり、リハーサル中にでも重宝しそうですね。

20121218-190758.jpg

購入する前に、使い心地を確かめようと、楽器屋さんで遊んでみました。現場は川崎にあるラゾーナ、島村楽器です。店員の方も大変丁寧にアドバイスしていただいたおかげで、大体の機能を知ることができました。

20121218-191020.jpg

購入したあとは、某お店で遊んだだけでまだ現場で使ってません。

ーーーー
早速、翌日、ブルーヒートライブで使ってみました。

まだ操作に慣れてないので、石川二三夫先生のエフェクターアドバイスを頂く迄至らず、テスト的に使ってみました。

かなりリバーブを深めにかけましたので、普段の僕の音と違う印象をお持ちの方も多かったと思いますが、そんな背景があったわけです。
ライブ映像はFacebook限定で載せてますので是非ご覧くださいね。
ーーー

翌日、またラゾーナ川崎店に行って、質問してみました。

お気に入りのエフェクトを2つ作り、
フットペダルを押すだけで切り替える方法。

出来ました。とっても簡単。

20121220-174641.jpg

Aは迫力をつけたブースターと空間系のリバーブ、それとイコライザー。
Bはエンプティ。トークの時の為にエフェクトオフ
Cはディレイをバンバンかけた感じ。

お店の人が、エンプティがあるのはなぜですか?と僕に質問いただいたのがとても印象的でした。

元はギター用エフェクターなので、
トークのマイクは別に用意するのが普通ですからね(笑)

さて、iPhoneアプリはこれを使ったら良いみたいです。
stompshare

20121227-175158.jpg

20121227-175434.jpg

こんな感じで、85円ほどiPhone経由でお支払いして、Bluetoothで通信すればこのエフェクターに導入することができるのです。

視聴、というボタンを押せば、実際にギターの鳴りとかを聞いてから購入できます。

まあ、ハーモニカでやって見たらどんなイメージになるのかというのは検討つかないですけどね。

この下のtape echo3ってのだけ買ってみようかな?

電車の中ですが買ってみました。 85円。それからエフェクターとiPhoneを繋ぐ作業をしました。

20121228-021611.jpg

エフェクターの設定でBluetooth、ベアリングを選ぶ。

次にiPhoneの設定アプリからBluetoothを選びます。

20121227-204619.jpg

はい、すぐにつながりました。

で、先ほどのiPhoneアプリを立ち上げ、Bluetoothボタンを押して送信。

20121228-021921.jpg
コンプリート!と出て、探して見たら今までなかったエコーテープ3と言うのが入っているではないか!簡単すぎます。

20121228-022024.jpg

さてさて、早速録音して見ました。

4小節毎にフットペダルを踏んで、予め用意していたお気に入りのエフェクターを選ぶ。
最後は何と、複音ハーモニカに持ち替えて見ました。その一つ前の「コーラス」と言うのととても似てますよね。

ブルースハープ一本でいろんな音が出せます。

下記はペダルに登録していたエフェクターの説明

20121228-022239.jpg

音源はこちら。
ダニーボーイ。ダニーボーイを使ってエフェクト遊びDannyboyefekutoasobi.mp3
これからどんどん研究して行きます。
JJMやLeeさんにも直接話を聞いて、音探しして行こうと思います。

例えばこれ、リトルウォルターのローラーコースターという曲をやろうと調整して見ました。
マイクはファイアーボールのボリュームなし。
アンプは歪まない、普通のスピーカー(line)です。

オーバードライブをつないで目一杯より少し落とす感じにメモリをあげ、グラフィックイコライザーで調節、パラメトリックイコライザーで再度調節(内部のメモリも写真撮影しておきました)

20130314-230242.jpg

Leave a comment

1 Comment

  1. Katsuya

     /  2012年12月20日

    映像見ましたが、すごくいいですね!
    引き続きレポートを楽しみにしています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree