iPhoneのボイスメモの使い方

こんにちは。ハーモニカプレーヤーの平松悟です。iPhoneに関する質問が多すぎるので、いっその事!と言うことでブログを作成してしまいました。

このブログは「平松 iPhone」で検索してくださいね。

さて、今回はiPhoneもしくはiPod touchのボイスメモ機能についてです。
え?いまさら?と思われる方も多いと思いますが、僕も含め、使いこなせているかというとそうでも無いと思います。

まず何か、録音しよう!と思う気持ち。沢山あればそれはたくさんの方が良いです。

20120907-174905.jpg
ボイスメモアプリは標準でついています。

20120907-175841.jpg

赤丸ボタンを押すと録音開始!
ここでは、録音しまくった後、どの様に整理し、活用するかを説明します。

青丸のスピーカーを押しましょう。
これで、録音済みのリスト、一覧が見れます。

20120907-181249.jpg

何が使いこなせてないのかというと、録音したらしっぱなしにしている方が多いと言うことなのです。右の赤丸の三角印をタップします。

20120907-181505.jpg

この画面の赤丸の矢印を押すと

20120907-182631.jpg

20120907-182733.jpg

ここでジャンルを選んだり出来ます。録音する都度しっかりジャンルわけすると、聞きたい時に直ぐに呼び出したり出来ます。
「カスタム」を選ぶと、名前をつかたりすることも出来ます。

20120907-202021.jpg

20120907-202034.jpg

さて、不要な部分がありましたら、どんどんトリミングしてしまいましょう。

20120907-202128.jpg

20120907-202138.jpg

20120907-202144.jpg

さて、iPhoneや、Wi-FiにつながったiPod touchですと、録音した音源をすぐに誰かに送ったりすることができます。
同じく右の三角、メール、宛先と入力すると添付で送れます。3つ目の写真のように、本文のしたにちゃんと添付されているかも確かめて見てください。もし、エラーとかで返ってきてしまいましたらそれは、録音が長すぎて送れなかったことを意味します。メールの送信済みフォルダから、自分が送った容量が幾つか確認して見てください。容量は、受け取る側のメールの会社によって上限が決まっています。僕が使っているGmailは、10Mくらいだったと思います。

まとめ。
1いらない録音は、人に送るか、トリミングしたり削除します,
2聞きたい録音をすぐに呼び出せるように工夫します(エバーノートのメールアドレスに題名つけて送ってしまうというのも良いです。)
3思い立ったらすぐ録音!すぐ整理!

このブログは「平松 iPhone」で検索してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>